about this blog About This Blog:

冬の季節にネットでラクラクお買いもの

【ギガスマート登場!!】NTT東日本が提供するフレッツ光を振り返る

published on7月 8th, 2011 . by Wilson Cham2014-02-21

NTT東日本がギガスマートプランを出したことで、すでに隼プランを展開しているNTT西日本含めて、フレッツ光は異次元の1GBpsの通信速度提供するになった!

ということで、ここでフレッツの歴史を振り返ってみたいと思う。ちなみに私は東日本在住なので、NTT東日本対応地域のフレッツ光の料金とプランを参考にしている。

Bフレッツの登場

当初インターネットは今も現役のADSL方式で、これは電話回線を利用したインターネット回線サービスを提供するというものだった。

ADSLの問題は、回線速度が速いインターネット地域網がいくら通信品質が良くても、インターネット端末からそこに接続する際に既存の電話回線などを利用していると、通信品質は電話回線などの回線速度が劣るものに上限が設定されることとなってしまうという点だ。ちなみに、ADSLを日本に広めたはのYahooBBであり実際バックにいるのはソフトバンクである。参考→Yahoo! BB ADSLサービス 

この問題を解消するためにNTT東日本とNTT西日本が2000年から試験的に、そして2001年から正式なサービスとして各家庭や事業所の回線端末接続器まで光ファイバー網を提供したのがBフレッツである。

ちなみに、このBフレッツと後にサービスが開始となるフレッツ光ネクストのNTT東日本のサービス、さらにNTT西日本がBフレッツのサービス延長線上で提供する光ブロードバンド回線サービスを総称してフレッツ光という。

スピードあがったので、今は後ろにネクストとついているサービスになった。

フレッツ光ネクスト時代

ユーザー端末にIPとの契約が必要となるフレッツ光はインターネット常時接続、定額制の設定が成されているが、サービスのコースやサービスを受ける施設のインフラなどに違いによって、常時接続の回線速度や定額料金に差が出てくる。

サービスコースは主に、

  • 事業所向けのビジネスタイプ
  • 企業からインターネットヘビーユーザーまでを対象としたベーシックタイプ
  • 一般家庭を対象にしたファミリータイプ

が知られていて、ユーザー側の回線端末速度は100Mbps程度となっていた。

動画全盛期への突入と隼・ギガスマート時代へ

が、動画などファイルサイズが大きなデータの送受信が急激に増加する傾向があり、NTT東日本のフレッツ光ネクスト(NTT西日本ではフレッツ光ネクストと同等のサービス対象)では、主に企業向けのエンタープライズタイプが1Gbpsの回線速度になり、ファミリータイプでも1Gbpsのベストエフォートを何家庭かが共有する形が取られていることが多い。

料金は定額制であるが、NTT東日本の場合、リースである回線終端装置まで含めた金額ベース(ユーザー側が用意できるルーターは別料金として)では、インフラ整備に最もコストがかからないマンションタイプで、回線干渉がない光配線方式が3500円から5000円程度である。

また、フレッツ光の提供を受けただけではブラウザなどからWeb利用やメールの送受信ができるわけではなく、インターネットを実際に利用する際にはユーザー端末にIPアドレスが付されるNTT東日本のフレッツ光の契約とは別にインターネットプロバイダーとの契約が必要となる。

さいごに

料金体系やキャンペーンのもろもろは相変わらず複雑だが、やっぱりフレッツがなじみ深いし安心して使える。

Leave a Reply

Name

Mail (never published)

Website

   



Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans